〜日々日常。それは流るる空模様。
          人生晴れたり曇ったり。〜
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
屋久島〜京都〜熊本〜伊豆と。その4
 

屋久島に行ったとき、初めて行った白谷雲水峡が妙に懐かしさを含んだイメージとして残って、それはなんなのかと思っていたら、熊本帰ってわかった。
子供の頃からよく行っていた菊池渓谷のイメージだった。

屋久島に負けず劣らず怒濤の水量を誇る、熊本の水源の一つ。
そのまますくって飲めば、やわらかくて美味しい熊本の水だ。



ゴロゴロした岩の苔むした感じも屋久島を彷彿とさせるじゃないか。
写真は陽が当たってるので苔は苔というより草に近く見える。

世界遺産の苔じゃないから、そこはかなりワイルドなんだけれども、人が踏んづけてないぶん、ビッシリ。とは言え、自然が極めて優れた状態で残っているため、阿蘇くじゅう国立公園の特別保護地区に指定」とある。(※ウィキ参照)

ここが紹介されるときよく撮影される場所というのがあるんだけれども、近年事故があったらしく三角ポールが真ん中に立っていた。警備員さんも配置されている。




その警備員さん、長靴を履いているもののずっと足は水の中。
ここの水温は夏でも低く、素足だったら1分も浸けていられないほど。
いくら長靴とは言え、大変そうだ。



2年ぶりに帰った熊本。
来年には新幹線も開通、やっと真ん中に矢が通ったようでスッキリ。

同時にそこにいい風が吹き抜けていきますように。

いいものがたくさんやってきますように。


姪のゴジと実家ネコ。
この実家ネコは受難なネコで、ゴジが遊びに来ると始終追っかけまわされ挙げ句、
強烈な抱っこ攻撃に、毛はむしれ、一部ハゲとった。

なのに逃げもせず、だから毎度ゴジの標的に・・・

うちのネコだったらシャーシャー言って威嚇対象になるところだー。


寡黙でおっとりさんの実家ネコ。(「あきらめてるだけなんだなー」 談:タケ)

と、自分は近い将来プリキュアになるんだと、毎晩どっぷり夢見るかわいいゴジゴジ。
(「オレもいつかなれるかなー」 談:タケタケ)


23:31 旅いろいろ comments(2)
comment
こいでさんへ++

家族でスイカとジュースとお弁当を持ってよく涼みに来ていました。
お弁当を食べている間にスイカとジュースを網に入れ、
水に浸して冷やしておくんだー。

冬は星がとんでもなく多くてきれいで。

ここはきっと自分の原風景の一つなんだろな。


お!そうそう
無事息子がcubaseデビューしました〜。
アップデートの件ではありがとう。

また色々よろしくです(^^)/
kimi 2010/09/29 17:55
ジブリ映画っぽいかんじがして、
すごく癒されそうな場所ですね(^▽^

お弁当でもたべながらぼーっとしたら気持ちがよさそうです(笑

にゃんこはおっとりしてるんですね!
こいで 2010/09/29 17:10

message :