〜日々日常。それは流るる空模様。
          人生晴れたり曇ったり。〜
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
待っているのだ。多分
飛行機パン

20号が明日関東に最接近、しかも昼。ひげの乗る予定の飛行機めがけて。

飛ぶのか…ひげの那覇行きの飛行機は…

4日間も日延べしたのに、20号はまるでひげを
両手を広げて待ってるようにも見えるさー……

もうやるだけやった。人事を尽くして天命を待つ、だ。

無事、西表島に着いたあかつきにはモブログで実況いたそと
思っとります。


ところで、

メインページのKIMI'S BLUE*をオープンして16日でまる2年になりました。

当初の目標「2年で10000Hit!」にはわずかにおよびませんでしたが
これもひとえにみなさまのあたたかい応援あってこそでした。

コツコツと増えていった9800余というびっくりするような数字は
ひげにとって1Hit1Hitが宝物であり、毎日どれだけ励みになったかしれません。

ダイビングを始めて、自分の中でなにかが見つかった気がして
それが何なのかとりあえず考えたくて、始めたホームページでしたが

今ではそこにたくさんの意味が付加されるまでになりました。

毎日毎日、HPのことを考えなかった日はありません。

来てくださる方々のことを思わなかった日はありません。

それは今も、そしてこれからもそうだと思います。

このHPがここにある限り、毎日はきっとそうです。


本当にありがとうございました。


そしてこれからもどうぞよろしく。



ひげ/KIMI
00:10 ダイビング comments(2)
ボツ。石垣ダイブ。
うおーん


タイフゥのバッカヤローッ


2ヶ月も前から指折り数え…堪え難きを耐え、忍びがたきを忍び待っておったにー
タイフゥ一発(いや二発)でパー。ルルルー。

9月の2日から6日まで沖縄、八重山に指折り数えて旅行の計画をされていた皆さん。
そのあまりの間の悪さ…もはや憎むべきはコレッ

さて、へこんでばかりもいられない。
今日から新学期。うちの息子タケは諸手を上げてうれしそうに学校に行った。
つくづく、誰に似たのかわからない。

して、9月1日はそう、

防災の日。


国の防災機関がこぞって

「こんだけやってます!

こんどからちゃんとポケベル持って出かけます!」


と言い張る日。




続きを読む >>
02:51 ダイビング comments(2)
ま、まひゃかの14号。
14号もうう…めげそうですすす……2日から6日の石垣ダイブです。
13号が行ってしまった頃私たちは石垣に無事到着し、台風一過のピーカンのもと潜りまくる予定でした。しかし。まさかの台風14号発生。完全に後ろをとられました、こりゃもう刺客だぁ。うえー

出発が2日なので、飛行機は飛びます。この頃は熱帯低気圧になっている13号ですから。
だから、台風による無料のキャンセル、もしくは差額なしの変更はききません。(今回のようにバースデー割引といった、原則では日程変更と便変更不可のものも、台風で欠航が確定すればこういう措置が受けられます。2日前くらいにしか確定しませんが。)
石垣になんとか辿り着いても、これじゃあ台風14号を石垣にてお出迎えです。先回りして…。もちろん「海に潜る〜ッ??はぁ?」ダイビングは絶対無理でしょう。
これが噂に聞く「台風体験ツアー」!

(仮題)が(本題)になりそうです。トホホ。

こういうときどういう選択をすべきなのでしょうか〜…頭マッチロ〜
どなたか教えてください〜


22:05 ダイビング comments(0)
幻の。
ゲストのけえこさんからの貴重な情報です。
鹿児島の坊津で幻の魚、発見です。その名も

幻のヒゲハギ


ヒゲなになにという魚はいれど、幻ってのはあんまりないよ。どんな魚か。調べてみました。

見る泳ぐヒゲハギ←ここをクリック見る


なんか、とっても…
おつまみ………ごっごめっ……

ここで私ひげは強く心に思いました。
同じ名のつく魚ウオッチング。

日頃
「同じ名のつく看板ウオッチング」
は心がけているものの、そうか!
同じ名のつくお魚に会えるのはうれしいぞ!

来週の石垣ではどんなひげ系の魚に会えるか。ヒジョーに楽しみになってきました。
けえこさん、ありがとぅ!




22:46 ダイビング comments(0)
台風特攻ダイブ。イン石垣島
ピンポンパンポーン♪
台風発生でーす。13号。
まっぽしよ


(°Д°;えええええっ!!

やっぱきたかあぁぁぁっ

クッソーー(; ̄Д ̄)(一人悶絶)


石垣ダイブを一週間後に控え(何事も事後報告…)仮面ダイバーズ、ショックの極み。
また、去年の二の舞になるのかぁ。


いいや!


去年は嵐女と言われる通り、ひげが動けば気圧も動く、な1年間であったけども
今年は違う。…何が違うのか?

…どっ
どこそこ違う!とにかく違うから!

この台風、ひげの気合いで見事ケムに巻いてしまいましょう。(゚Д゚)ゴルァ!
(ケム…なんか違う気もするけど)


00:03 ダイビング comments(0)
すごい体験。
今朝、Polkaのオーナーさんから電話で「早速フォトフレームが売れましたよ」と言われた。
うれしい…。うれしい!初めてのこの気持ちをずっと大事に忘れないようにしよう。
また注文を受けたので、明日からまた製作に励もう。

午後からはエンジニアさんに機材を持ち込んでもらって、うちのひとが自宅でレコーディングしている。ガラスの仮面。何度となくアニメ化されている未だ未完の大作、ガラかめ。

夕飯のときそういえば、とエンジニアさんにあの話を聞いてみた。あの話…聞くのも恐ろしい背筋も凍るあの話………。

6年ほど前、社員旅行でサイパンに行ったエンジニアさんの会社ご一行様は、好き好きに羽を伸ばすことになったが、せっかくの海外目の前は海。ここに入らないのはもったいない。
ということで皆でいっちょ、

体験ダイビングっつーもんに行ってみっか、

ということになったそうだ。適当に最寄りのダイビングショップに電話をかけたご一行、日系現地人の年は30くらいの兄さんに頼むことにしたそうだ。

さて、うれしはずかしのウエットに身を包み、ずっしり重いタンクも新鮮な初ダイブ。
一本目はマスククリアをちょっと習ってビーチをダラダラ歩いてロープを持ったままお魚なんかに餌をやって、なんなく終了。このときエンジニアさんは思ったそうだ。

「な〜〜〜んだ〜〜」

「この、な〜〜んだ〜〜〜でやめておけば、きっと一生僕はダイビングというものをなめてかかっていたと思います」
そういってエンジニアさんはフーッと深いため息をついた。ひげ作ハンバーグ御膳への箸も滞る。

2本目。そのなめまくった態度と社員旅行の勢いで

「どーんとこーい!」

と行ってしまった先、そこはあのサイパン超有名スポット

”グロット”であった。


『あ、ありえませんよっそんなの!』←ひげ


しかし、そうは言ってもひげの目の前にはそんなほとんど
臨死体験ダイビング
をしたようなエンジニアさんがいるのであるから。いまも遠い目をしてそのときのことをこういう。
『ほんとーに死ぬかとおもいました』

50本潜ってたってあの2メートル近い岩場から下に飛び込む際、ひげだってマスクが吹っ飛びかけたのだ。そのエンジニアさんも当たり前のごとくマスクは遠くに吹っ飛んだ。
「もうパニックですよ。」
他の臨死体験ダイバーたちもみーんなマスクが吹っ飛び、あっちでパニックこっちでパニック、なんちゅう恐ろしい話だ。阿鼻叫喚の生き地獄…稲川淳二も真っ青である。

みーんなパニック中なので助けてもらうわけにもいかず、なんとか水面でパニックを一人で収めたエンジニアさんだったが、さて今度はズボッと水中に頭を入れて下をみた瞬間、

「またパニックでした。深いですって。もう海の景色だろうがなんだろうが

すべてがマイナスイメージ。


そりゃそうだろうなぁ…。しかし、もったいないよなぁ…。
ダイビングってほんと、最初が肝心よ…。

そんな中、さらに恐怖は戦慄となる。
「なんと15メートルまで潜降したんですよ。もうほんとーに死ぬかと思いましたって。」

あとにもさきにもこんなヘビーな体験ダイブの話はこれだけだろうと思う。

18:12 ダイビング comments(0)
<< 2/2PAGES