〜日々日常。それは流るる空模様。
          人生晴れたり曇ったり。〜
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
オカルト事件。
やっぱり箱が好き。

2〜3日前から私は機嫌が悪く、体調も悪く、頭の回転も悪く、何でも悪い方へ行く気がしてムカムカしていた。

寝付きも悪く眠りも浅いので、昼間ウツラウツラしては変な夢を見て、ますます気分は悪化した。

もう!もう!もう!

・・・仕事場から聞こえてくる女性ボーカルの歌声すら悪魔教のテーマソングに聞こえてくるので、怒りの矛先はうちのひとに向くこととなった。

それは一触即発、ぼんやりしている水牛を狙う草むらに潜むベンガルトラの如し。憐れ水牛、無防備すぎることこの上ない顔してへらへらこっちを見てる。ますます腹が立つ。

かくして、牛はトラの餌食に・・・

ふぁん

「げっ!まただ〜!ここんとこしょっちゅう〜」
トラ、叫ぶ。

実は、体調悪いに加え、ここ2〜3日私の視界の端に何かが見える。
もちろん、なにもいない。
でも、またふいに何かが目の端をよぎる。
そしてそれは、スッと消える。

とうとう、うちのひとがどこぞから、何かを連れてきてしまったのか。

「げげ〜〜っ!」

「おまえなぁ、勝手に人のせいにすんなよ〜〜っ。」


「だってたまにマイナスオーラにあたるじゃん!」


事実うちのひとは、マイナスオーラを発する人、とやらのそのオーラをまともに浴びて、腕が痛くなるだの、体調が一週間おかしくなっただのという経験がある。

霊感があるとかそういうことではまったくない。
私が思うにこれは、あまりにも無防備すぎる結果なのだからして、と厳しくいつも非難する。なぜなら人好きのうちのひとはあまり人を疑うことをしない。去る者は追わないまでも、来るものは何も拒まない。オープンなのは結構だけど、だからたまに妙なものにあたるのだ、と私は言う。

そんなうちのひとだもの、外からなにか連れて帰ってきてもおかしくない。
腹立ちついでにうちのひとに塩でもまいて、陽にあてて、日光消毒でもしようかと思った矢先、うちのひとが言った。

「昔、俺の家で猫を飼っていた。」
「うん、知ってるよ。」
「その猫が死んだあと」

もう、完全にそっちの話になってきた。こいつぅぅ・・・塩まく位じゃ気が済まーん!!

「死んだ後、残像がチラチラするような気がしばらくしてた。」
「残像。」
「今まで何年も、自分の足下を気付かないうちに気にしてた名残というか。」



「クルル」

うちにも猫がいる。いつも踏みそうになるくらい足下でじゃれる若い猫が。家族の誰かが階段を登ったり降りたりすると、我先にとポールポジションを取りに来る。階段の上り下りは無意識に慎重なのかもしれない。いや、人間が。じゃないと階段から猫踏んで自分が落ちる。

「クルル」

扉を閉め損なって何時間も納戸に閉じこめちゃったこともあったな。

「クル〜」

段ボールの中から突然飛び出してきた、と言ってうちのひとが髪逆立ててびっくりしてたな。

「・・・くるる〜」

さっきから今も足下で猫が鳴いてるよ。鳩みたいな声で。

そういや、もう一年半も頭のすみにはいつも猫スペースがあるんだよ。

自分の視界の下の方でいつも何かが動く。

いつも何かしら、心を配らないといけない小さきものが。


「わかった、わかった」
好物のいりこを10本。からからと皿に入れた。

すごい勢いで食べている。

・・・誰も取らんてば。


苦し紛れに思い出したこととはいえ・・・うちのひとの猫残像論は妙にナイスだった。


なんかスッキリしたので、ベンガルトラは今日からまた普通の羊に戻りますです。(いつもは羊っぽい。ほんとよ。)




00:51 ひげのつれづれ comments(0)
沈黙の度合い。
黄昏える 

 身近で問題が起きたとしよう。

それが自分の子供のことだったり、旦那のことだったり、まぁ自分自身のことだったりしたとき。問題というのは生活レベルかもしれないが、だけどそのときは最大の懸案事項で一日中悩ましく、鬱々とするだろう。

 例えば、お金がなくなっただの気遣いのない言葉を浴びせられただの。
とくに学校生活の中で盗難にあったり中傷されることは、悩ましくそして辛い。ましてや常識のある子供のとる行動といえば大体において「これを言ったら大事になるからだまっとこう」である。

 ある日、盗難の事実を先生に報告するに至った勇敢な子供がいたとする。(今の世の中こういうことを相談するのも勇気がいる)

「先生。じつはお金がなくなりました。」

先生は正直「あたーっ・・・」と思うだろう。
なんで自分の受け持ち生徒からこれが出る、というふうに。当然だ。面倒ごとはキライだ。

そしてみんなの前で言う。
「犯人はだれだ。目をつぶってるから正直に言ってこい。そうすればお咎めなしだ。」

そして正直に言ってくるはずのないヤツを待つ日々・・・。
目立ちたくもないことで、目立ってしまったジブン・・・。


 はるか昔、わたしが学生だった頃こういう「よくあるといえばよくあること」に出くわした先生がいた。

その先生は、思った。
「(多分、お金はでてこないと思う。)」
生徒は思った。
「(まぁ、そうでしょうねぇ。)」

沈黙。

先生は言う。
「もう一度、自分ンチの部屋の中しっかりくまなく探してみ。」
「・・・わかりました。」

職員室の扉を閉めて、生徒は思った。
「(ちぇっ。これでこのはなしは終わりだな。言わなきゃよかった。)」

家に帰って一応部屋をひっくり返してみる。多少心のどこかに「もしかして自分の過失かも」というのも、ある。

・・・・3日かかって考えられるところは家の中も外もひっくり返してみたが、これはもう自分の手元には完全にないな、と結論づける。ここまでくると盗難と考えた方が自然。ため息が出る。

悶々と3日、4日と過ぎていく。そして5日目。

「おい。その後どうなった?」
「(あ・・・先生)」
「・・・そうか、なかったか。」
「もしかして自分の思い違いかも、と思いましたが・・。」
「でも、そんだけひっくり返して探してないんだもんね。」
「・・・・」

「どうする?」
「え?」
「犯人捜しするか。徹底的に。」

正直、そのくらいしてほしい気持ちだった。
でも、断った。

「もう、いいです。結構必死に探したし。先生も一緒に考えてくれたから、いいです。」

その後、半年くらいたってまたその先生が言った。
「おい。あったか?」

 後日談の部分は笑ったけど、あの寂しいような不安でイライラ悶々とした財布捜しの数日間、実は先生も心に留めて考えてくれていた、ということがせめてもの救いに思えた。結局財布は出てこなかったけど、だからって犯人捜しをしてほしかったのかというと、そうじゃないな、と思った。思ったことがあるとすれば、「今度から財布は肌身離さず」ということ。

 多分、先生はあのときの私以上に色々考えたはずだ。ひょっとしたら泣くほど辛かったかもしれない。こう思ったのは私がもう随分大人になってから。大人の自分から考えれば、きっとそう。

 心底困ったなぁと思ったとき、いい結果がだせないと薄々わかっていても、そばにいる人間が一緒にきちんと考えてくれているという道程にこそ感謝すると思うんだ。

 結果っていうのは、どんなに人がまわりにいてもいなくても、最後は自分一人でださなきゃいけない。自分でえらばなきゃいけない。でもそこに辿り着くまでには時に一人では孤独で悲しすぎて、そのことにめげてしまって、出せる答えも出せなくなってしまう。

そっと寄り添ってくれること、陰ながらでも味方でいてくれることは一筋の光だ。

 あのとき、勇気をだして先生に告げたけど、告げっぱなしでなんとなくうやむやになって終わったら(よくあることだよね)思春期のネジはまた一つビヨンとどこかに飛んでいってたことだろう。

 その結果に対して自分が何もしてあげられないとき、せめてその人が必要としなくなるまで、一緒にその道を歩み、一緒に考えることはできるんじゃないか。

 もう一つ。
この先生は担任ではなかったのだけど、いわゆる「いい先生」ではなかったと思う。

「いい先生」に「いい人間」に「みんなに好かれる人間」になりたがってる先生が多い中、飄々と常識的に普通だった。今思えば、私のようにあんまり喋らず、しかもそう目立つ生徒でもない生徒にこそ、なんとなく背中を押すように話を聞いていたような先生だったと思う。

 自分も親になって、いずれ子供が自分と似たような経験をしだすだろう。そのとき、きっと私はこの先生のことを何度も何度も思い出す。今は顔も名前も忘れてしまった先生だけど。


 「お金」のところをいじめや今テレビで話題になっている悲しい懸案事項に置き換えてみた。置き換えてみて思うのは、最後は当事者がなにをどう選択していくかなんだけど、それをひとりぽっちでさせるのか、というところだと思う。

 未来を選び取る瞬間は一人だ。
それは当事者の未来ためにもそうじゃなきゃいけない。

 しかし、そこまでに至る過程すらひとりぽっちでは、あまりにそれは寂しすぎるじゃないか。

04:03 ひげのつれづれ comments(0)
子育て。
子育て中。

去年の秋に買い換えたPC(iBookG4からiMacへ)が。

全然育っとらん。

いざ、うちのひとのHPをど〜らどら更新しようかね、と思ったら。


これではいかん。
最初の子供は手をかけすぎるほどかけて多少過保護気味なくらいに育てたが、2番目はどうでも適当だった、みたいなことになりかねん。それにしても、人間の兄弟にもありがちなパターンだ、2番目の方が背も高いし体のつくりもデカイ。

そんなで今日は一日中、デカいがいまいちウドな二男を可愛がってあげることにした。
大概、最初の子供の写真はこれでもかと大量に撮るらしいが、2番目は写真も少ないらしいので写真も撮ってあげた。日頃のほったらかしのせめてもの穴埋めだ。

HP作成ソフトを2つご飯に混ぜなんとかだまかして食わせ、CD焼きソフトも焼きプリンだと偽って口に押し込む。思っていたよりもこれはすんなり食べた。

ダメだったのは、日本語版写真加工ソフト。これはあまりにも高級なマカロンのようなものなので、親すら買ったことがない。よって外国製のジャンクな舌の上が真っ赤になるようなお菓子で我慢さす。が、意外にもジャンクフードは受けがよかった。しまった〜・・。
如何せん原料表示など全部英語なので、たまにしか食べさせないことにしなければ・・・親であるひげが苦労する。

あとは遊びながら機嫌のいいのを見計らい、HPをわしゃわしゃと作成更新、さきほどアップした。

ああ。

少しは満足してくれたであろうかの。



いやほんとマジで。














(ひげ更新中のうちのひとのHPはコチラです。みてね〜)
民哉バナー


01:10 ひげのつれづれ comments(2)
日本一大きい。
ユニクロバス

昨日は、近所に出来た「日本一大きなユニクロ」に行く。
そぼ降る雨の中、うちのひとを誘って行った。

環八沿いに見えてきたスポーツセンター。これだけでもかなり大きな建物なのに、この1階がすべてユニクロ。交差点を右折して駐車場に入ろうとしたら・・バス発見。
最寄りの小田急線・千歳船橋駅からなんと終点ユニクロ行きだ。それも貸し切りバスとかではなく、本物の路線バス!おぉ〜・・・

さっぱり


はっ!・・・・
「ユニクロ貸し切りお買い物バスツアー」なんかできたりした日にゃあ・・。
・・・階上は天然温泉であるし・・・目と鼻の先にはドンキもあったりだしなぁ。


店内は外国のショッピングモールのデパートみたいだった。
ワンフロア見渡す限りのユニクロ商品。"HOME"のラインも全部ある。
私はユニクロのタオルがお気に入りなので、買う。あとコットンリネンの枕カバーと枕。うちのひとは甚平と雪駄なんかを買う。この夏、この格好で一日中過ごすんだそうだ。ということは洗濯はうちのひとが寝てる間にしなければならない。後日あと何枚か甚平を買ってもらうことにしよう。

奥の方に女性モノの下着のコーナーがあったが、結局選び損ねた。

なんでか。

一緒に下着選んでるカップルがいたから。



彼氏・・・・・

その手で・・・・・・

今から買おうとしていたパンツを・・・・


さわるなぁっ!(#゚Д゚)
ムキーーッ!!
ブラジャーまでーーっ!!


さわるんだったら、彼女の買ったパンツを家でさわってね。
ていうか、一緒に選びにこないで、楽しみにどっかよそで待っててね。いくらワンフロアでカジュアルなユニクロでも、女性モノの下着売り場は聖域ヨ。



さていよいよ、明日から慶良間!
滞在中はピーカンのようで、元台風女にはうれしい限り。

09:55 ひげのつれづれ comments(4)
一度やってみたかった。
家の中に約2羽いるにわとりが、
食べたものはポロポロポロポロこぼすわ、散乱した本だのDVDだのプレステのソフトだのは片づけても片付けた先からちらかすわで、わたしゃこのにわとり達の3歩あとから毎日毎晩、整理整頓で大変なんです。くつしたなんて毎回、裏返しです。

だから。

私だって。

私だってやってやる。やってやるぞっ



どうだ!


食い散らかした。






・・・・思いっきりったってねぇ・・・・・所詮こんなもんよね・・・・
だって、あとは自分で片付けるんだもんね・・・・・何やってんだか・・・・




さて、なんでこんな夜更けにコンビニディナーをしているかというと、今日は夜からタケの中学校の懇親会があったから。

立食での歓談形式だったため・・・
しゃべるのに夢中で、なにも食べず終わった。

ありがちだ。

だから私は定食屋が好きだったりするが、
セレブな懇親会を定食屋でやってもらえるわけもなく
おしゃれなイタリア料理のお店で、先生を囲んで和やかに楽しく
2時間をすごしてきました。

で、これ。

家帰って、速攻これ。

けっきょく、写真撮ってそそくさと片付けて
でも実はニヤニヤしながらこれを書いてます。

だってねぇ。ニヤニヤもします。
来週から・・・

「仮面ダイバーズ・今回は沖縄慶良間に熟女ツアー!」

なんですもん。


忘れかけてましたよ・・・ここはダイビング系ブログだということを・・・

仮面ダイバーズとしては約2年ぶりのダイビング・・・・

マスクの劣化やレギュレーターの不具合があったらどうしましょ、なんせ器材も1年ぶり、ちょびっと不安があるにはありますが、とうとう慶良間!

以前は悪天候で慶良間までいくはずが到達できず途中で降ろされたという、あこがれの地、慶良間!


沖縄は昨日で梅雨明け、いよいよ海のシーズン到来です。
水温は26度だそうです。

ありがとうございます!充分ですっ!!

この干からびたカッパの皿。そして片付けに疲れたこの心・・・・・

じゅんじゅんとかよちゃんと目一杯、うるうるに潤してきますから!!



01:30 ひげのつれづれ comments(3)
買ってよかった。
最近買ってよかったと思ったモノはこれ。


レモン水


麦茶も飽きた。水も味気ない。そんなとき。あと口もサッパリレモン風味。




先日うちのひとのコンサートのプチ打ち合わせのとき。
夕方にかかる微妙な時間帯だったため、なにか軽食をとパウンドケーキを出すことに。

かご一杯に並べたパウンドケーキ、さてどうやってお客様に取ってもらうか。うーん・・・
そうだ!やっぱ、トングだろ!私は駅ビルに走り、おしゃれなお店でトングを購入。ケーキやらスコーンやら並べたかごにそのお高い「おトング」をうやうやしく添え・・・・・

数日後、コンサートのために浜松チームがやって来た。

前乗りのため、今夜は飲むぞとお酒につまみがテーブルを埋め尽くす。
「氷持ってきてー。」ハイハイ。

うちのひとのご要望にお応えしてどんぶり(アイスクーラーなんてものはない)に氷を入れて持って行く。おっと忘れちゃいけない。この前買った、おトングおトング・・・・





「つ、つかめねぇっ!!」

どう考えても「つかめねぇ!!」


浜松チームのハナちゃん叫ぶ。


シュガートング


ハナちゃんは小さなおトングをちまちまちまちまやっていたが、しかし、氷はうなぎのように容赦なくつるつる滑って取れたもんじゃなかった。



・・・よかったー。いや本当によかった。この前打ち合わせの時、氷出さなくて。
だって。

シュルショも御来宅だったんですもん。



後日、近所の百均でアイストングを購入。買ってよかった。ガッシガシ氷つかめますもん。

アイストング

一家に一個ありそうでないもの、筆頭。


しかしさらに別バージョンのトングも使用している私。
これはメン類などゆで汁から引き上げるとき、作った焼きそばを取り分けるとき、焼いたお肉をひっくり返すとき・・・無限の用途があり、こんなに買ってよかったものはない。しかし対象物の大きさの上限下限はある。

いくら便利だからとこのトングで氷をつかめと客に出してはいけないし、砂糖もつかませたらいけないとは思うが、仮に砂糖ツボにこのトングを添えて出しても、最後までいったい何に使うのかわかってもらえないだろう。

私にとり、何でもつかめて「第二の箸」ほどの位置にあるトングであるが、対象物とトングの大きさ、先っぽの形状。このアジマスを間違ってはいけない。適材適トング。なのである。








シュルショ・ヌニェス>>カルロス・ヌニェスの実弟。ドラムス、パーカッション他諸々のテクノロジー部分担当。コンサート当日舞台上で「しゅるそさん」「しゅるろすさん」と言われても終始ステキな笑顔。


21:50 ひげのつれづれ comments(5)
また怒濤の帰省。

GWにまたドタバタ帰省をやってしまった。
3泊4日。なのに、両実家を数回はしごし、熊本時代に働いていた楽器店のOB会に出席し、妹の子どもに会いに車を走らせた。福岡から帰省中の友人Mちゃん親子とまで会えたのは本当にうれしかった。

ハルちゃんタンクも背負える


なまじっか、一週間も十日もあるとだらりとすごしがちな帰省なのかもしれない。もう日程は短く、内容は濃く、そして回数を少しでも多く、のほうがいいのかもしれないし、性に合っているのかもしれない。そう思えば気も楽に。

私は去年の夏、本当のおばちゃんになってしまった。いっぺんに二人の姪ができたのだ。
今回の帰省の目玉はこの姪をさらって帰る・・・いや抱っこすること。どんなに忙しくともそれだけは。

さて、妹の家に行く。
そこに妹のダンナに抱っこされた小さいのがいた。
なかなかどうして、妹の小さいころそっくりだ。
デコの蚊のさされぐあいまで似ている。

「どれどれ〜・・こっちゃこい・・・」

むに〜〜〜・・・

そんなに体をよじらなくても。
しかし、さすがに12年ものの息子タケの抱っこ歴は長かった。はたまた血のつながりを感じたのか、すぐに姪は私を見てニコニコと笑いはじめた。

かわいいなぁ。

そばでタケも小さないとこにできるかぎりのパフォーマンスを披露する。あやしながら、時折、スに戻っているのが中学生らしい。

そのうち、抱っこひもでおんぶまでしていた。

ほう。だてに毎日往復4キロの道のりを5キロのランドセル背負って通学していたわけではなかった。この分だと、空気タンクも背負える。ダイバーデビューも近いかも、だ。

姪は、あっちこっちに抱っこされては、うにうにと身をよじっていたが、こんなにたくさん人にあったのは初めてと言わんばかりに、その後風呂も入らず爆睡、朝4時頃まで寝ていた。

もう一人の姪は未だ容態が安定せず入院中ではあるが、順調に成長している。今回面会を楽しみにしていたが、病院の面会時間と合わず、断念した。

赤ん坊をたくさん抱っこしてスッカリ満足した叔母(私)であるが、もう熊本を去らねばならない。明日からはまた社会復帰。タケは学校だ。家に残って仕事しているうちのひとも気になる。連休明けのコンサートに向けての作業、そしていよいよリハも迫っているのだ。

まだしばらくは、この怒濤の帰省が続くだろうな。

濃い、短い、太い、沢山。

私の帰省はまるで五分刈りの剛毛のようだ。

聴かす。




18:27 ひげのつれづれ comments(0)
なんちゃってフィンランド風。
キミメッコ

メインサイトのKimi's Blue*のトップページ用に写真撮ったら
北欧ブランドっぽくなったんで、ちょとうれしくもあり。
で、なんちゃってフィンランド語でロゴつけてみました。

キミメッコ風。


行きたいなぁ。フィンランド。



・・・・にしんでも買い付けてくるか。







(ありがとう。しっぽりと圏内帰り咲き)
ランキングバナー
23:28 ひげのつれづれ comments(0)
桜道
近所の桜


どうよ、このタイトル。まるで福山雅治みたいではないの。



さて、東京は桜が満開。もうあちこちいやというほどの桜。
なので今日は調布市にある深大寺植物公園に写真撮りに行ってきました。

昨日はいきなり嵐のように雨が降っておまけに春雷まで。
春のカミナリは激しい。その頃ちょうど新宿にいたのだけれど
都庁あたりに落ちるんじゃないかと、ビクビクだった。

そんな都心も私が住んでいる界隈も、満開の桜は刻々と花びらを落として
変化してます。一本、また一本。私はそんなハゲ桜もすきです。

でももっと好きなのは、そのハゲ桜の終焉を待ってましたと
言わんばかりに咲く八重桜。
あのまるで桜餅がたくさんぶら下がっているような
美味しそうな風情がいいねぇ。

木だの枝だのに何かしら美味しそうなものが成ってると
得した気分になるのよね。

春の頭上で、ハゲ桜と八重桜の攻防が繰り広げられるそんな今頃。
思い出すのは、タケ(もうすぐ中学生)が幼稚園に入園した頃のことだ。



続きを読む >>
01:45 ひげのつれづれ comments(0)
今後の展望。
ハワイでゴゥ!

タケの受験が終わった。
頭マーッチロになって白目剥いてたら、2ヶ月たっていた。

タケは無事、第一志望校に合格した。
と言うことは同時に2年間の臨戦態勢が終わったということだ。

肩から、腰から、ドターッと何かが抜け落ちて、今の私は非常に顔色がよろしい。
加えて、最近行った
”リベンジ北海道スキー旅行”
で北の幸をおなか一杯食べまくり、どうせなら全巻買うべきだったと
悔やまれてならない「水曜どうでしょう」DVDをそれでも4本、
日がな一日見てはヘラヘラ笑っている。

なので体の調子もすこぶるよい。出るモノもよく出る。

やはり人間、ストレスがないということはこうもいいものか。
今一時、この幸福をしっかり味わっておこう。
どうせ新生活が始まれば、そこはほれ
また色々と気をもむこともあるかもしれないのだからな。

とにかく終わった。2年間の抑鬱ともこれでおさらば。


・・・・さぁ。これから何をしようか。
こう思うだけで、体の芯が燃えてくる。

何をやっても自由!私は自由っ!!



続きを読む >>
20:21 ひげのつれづれ comments(6)
<< 2/3PAGES >>