〜日々日常。それは流るる空模様。
          人生晴れたり曇ったり。〜
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
中3の力加減。
ひまな午後に何をするかというと、うちの中3の悪の所業の数々を責めるため証拠写真を撮るのである。

今まさに成長期に入らんとしている中3の息子は、ここのところ物を壊す。
これが家庭内における暴力行為によってのことだったら、えらいことだ。
でもちょっとそれとは違うようだ。

なぜなら、彼は破壊したことをすぐさま報告しに来る。
そしてそれを前にしてぬけぬけと
「これは違うんだ。これは自動的に壊れたんだ。」
と3才から相も変わらない言い訳をする。

私は今となっては姑息としか言いようのないその言い訳に脱力しながらも原状復帰を叫ぶが、未だその気は無いようだ。だって自動的なんだもん、罪の意識が無いんだろう。

世の中なんでも自動的にいくものか、そのうち目に物をみせてやる。
母というものは中3になろうが、30になろうが、息子くらいギュウギュウに言わせることができることを忘れたか。母ちゃんをなめんなよ。


洗面所。

↑ 自動的にケリが入った洗面台下の扉。


バスタオルかけ。

↑ 自動的に、風呂から上がっただけで根元からもげたバスタオルホルダー。


風呂の栓。

↑ 自動的に、風呂の湯を抜こうかなと思った瞬間なぜか根元からちぎれた風呂栓。


ブラインド。

↑ 自動的に、暗くなったから閉めようかなーと思ったら根元から全部落ちた木製ブラインド。


・・・・・キリがないからもういいや。

風呂場の栓は昨夜うちのひと(不器用)が直していた。

中3の力加減はムズカシイのだな。
加減を計りながら毎日生きてるようなもんだな。
限界に毎日挑戦している、ともいうな。

ブラインドがもげようが、それが頭上に降ってくれば痛い思いをして、おのずと加減というものを知るだろう。
日々、男の子は大変だけど「自動的に」いっぱい失敗しながら世の中の「程よい程度」という意味の「いい加減」を知って欲しいと思う。


さて、もう一匹その「いい加減」を知ってもらいたいネコがいる。



ネコまで。

↑ 自動的に、さわってたら落ちてきた布製ブラインド。


さらにネコまで。

↑ めずらしくベランダでひなたぼっこでもさせてやろうとネコリードを本棚にくくりつけておいたら、飛び込んできたてんとう虫を激しく追いかけ、自動的に本棚を引き倒す。飼い主約1名負傷。



いい力加減になるまで、この若人達をあたたかく見守りたいと思います。


・・・もう少しかかるね。




16:20 ひげのつれづれ comments(0)
これでも〜〜毛。
主役。

うちの猫の品種名はメインクーンという。
その名の通り、アメリカのメイン州が原産のバリバリの洋猫。
もっともうちの猫はその血を正統に継いだ正真正銘日本生まれのそれも、名古屋県出身。
本名(血統書に記載)は今の名「みゅう」ではなく「シャチホコ・マリア」という。
確かに名古屋生まれ以外のなんだという堂々たる名。

さて、メインクーンという種の特徴として、
野性味を残しながらも、おっとりしていて育てやすく、その体はネコ界でも1〜2を争うほど大きくなる。メスはそうまでならないが15キロまで育ったオスというのもいる。
両ほっぺあたりの毛が長くなり、独特の風格を醸し出すその姿はノルウェー猫にも似る。

うちのみゅうは今年の10月で3才という若いメス猫だが、今か今かとそのほっぺの毛が長く伸びるのを待っている。その毛次第で、「ああ!これぞメインクーン」という風貌になるのだ、早く伸びないものか。

しかし、1年が経ち2年が経ち、こうやって3年目となってもほっぺの毛はほんのちょっぴり細くのびているだけ。

スフィンクスのように前足そろえて凜としているときにのみ、胸の毛がこんもり盛り上がってかろうじてメインクーンぽくはなるのだが、それ以外の時、ふつーのときはいたってふつーの長毛種。しっぽこそアライグマかと思うほどでかくフワフワで感情豊かであるが、なにせほっぺの毛の伸びがちと遅くはないものか。

「もしかして・・メインクーンじゃないかも疑惑・・・」
「もしかしてメイン州のメインクーンじゃなくて、名古屋だけに、名ンクーンかも・・・」

今これを書くために座っているイスの奥、背もたれに張り付きながらも強引に寝ているネコを見てふとつぶやく真夜中。

名古屋ネコ。

01:31 ひげのつれづれ comments(2)
この時期の速達。
今朝、熊本の実家の母から速達が来た。
いつも何かを送ってくれるときは事前に電話がある。しかし今回は電話もなくいきなり。それも速達。なにをそんなに急いでるんだか。

そんな急ぎなかんじがムンムンの速達を開けてみて私はちょっと驚いた。

ズルズルズル〜・・・

中の物はまさにこんな音を立てて、出てきた。

白い。白くて細いものがワジャワジャと。

「・・・・なんじゃ〜〜こりゃ〜〜〜〜・・・」

でもこのカサカサとした素材の感じは・・・確かに今話題のアレの感触。

「マ、まさか。」

そのマさかである。これは紛れもなくマさかのマスク。

母のいつもの一筆箋には「昨日歯医者に行きました。・・・(中略)・・使いづらいでしょうが、使って下さい。かしこ」とあった。

家族分の3枚。かさばるヒモにまみれて、茶封筒に押し込まれていた。

「こ、これは・・・使いづらいというか・・・なんというか・・・」

うちにも2〜3枚なら去年の残りがあるが、無かったとしても、これを世間で町歩きで付けていたらものすごくコワイと思う。


相変わらず母は一途で、見てくれなんかちっとも考えなくて、私は小さい頃からそういう母のそういうところがキライで、随分反抗期も長かった。

でもなー。
なんかわかるような気がするんだー。今だったらねー。


この3枚は、もしものときに取っておこう。
もう一度茶封筒にその「手術用」のマスクをしまう。


母の無理を聞いてくださった歯医者の先生様。ありがとうございました。

これを使うときが来たら、
絶対に使い捨てせず洗ってでも使わなきゃ、と思った。

(その前にタウン用にちょっと改造しないとなー。)





速達。

23:18 ひげのつれづれ comments(2)
にわか家族の午後〜前奏曲〜
みゅうたん

日曜の静かな昼下がり。

リビングには家族が集い、コーヒーの香り。そしてクラシック音楽。
傍らの息子は楽典のお勉強。私は読書。うちのひとは、i-pod。

私「あ〜・・なんて、ステキな休日なんだろう・・・ズズズ〜(コーヒーをすする)」
うちのひと「にわかクラシック家族だけどね。ズズズ〜」
私「(ムッ)」

本日の楽典のお勉強が一通り済んだ息子が鉛筆を置いて一息入れた。
さっきからこれみよがしにバックに流れるクラシック。今度の曲はチャイコフスキーのバイオリン協奏曲。”超絶技巧”と呼ばれる選ばれしバイオリニストにしか弾くことができない名曲。

「そーいえば、この曲にそーーーっくりな曲がある。」

うちのひとがにわかにiTunesをクリック。

私「・・・・・・・おお!本当だ!これなんて曲?」
うちのひと「”ライトスタッフ”のサントラー」
息子「どこーどこー?・・・あ!ほんとー同じじゃん。」
私「おんなじじゃあ、それはそれでマズイんだよ〜タケちゃん。」

サビんとこを似てる似てるといって何度も聞く。


そんな宴もたけなわ、本日の本題の”移調”のはなしになっている。

さっきまで楽典のお勉強息子のタケ、頭の中はパンパン足はモジモジになりながらも、父のありがたい教えを聞く。

なんで、こうなったかというとさっき「昔は曲の調(キー)にあわせて全ての調のトランペットがあったんだって」というハナシから。
息子の持ってる標準的なトランペットはB♭管で、うちのひとがその昔現役吹奏楽部だった頃使っていたのが、C管。それもひとりだけ。理由、移調が楽だから。

私「そういや、昔ママが楽器店にいたころ、ブルースハープっていう、調がいっぱいあるちっちゃーいハーモニカ売ってたんだー。それでねー・・・」

それから始まるであろうママの楽器店裏話を遮り、うちのひとは”ものすごくたいせつな移調のハナシ”を始めたのだった。・・・チェッ←空気ヨメ


「移動ドの便利なトコは〜・・」云々。

「ホルンは調がFだから、オリジナルスコアより完全5度上げて書く。それはホルンって楽器はオリジナルより長四度高いから・・・」どーのこーの。

「あとメンドくさい移調楽器の順番でいうと、ホルン、クラリネット、そしてトランペット。」

「この変ロを変ホに変えて書くとどうなるか〜・・・」

「そしてラスボスはなんといってもアルト記号〜〜〜!!」云々カンヌン・・・・


横で講義を聞いてる息子は今、何語を話しているのだろうか。

そう。カヤの外となった私にとってはチンプンカンプン、宇宙人と交信している領域。
ベントラーベントラー・・・



さて、際限なく熱を帯びるうちのひとの講義のバックで、さっきから流れているこのアルバム。
その名も「41歳からのクラシック」。(CD屋で見つけてこのタイトルに買わないわけにはいかなくなった、クラシック曲のコンピレーションアルバム。先に同名の文庫本も出ていて、それに連動しているらしい。2枚組2500円。演歌好きの人のためにはこの曲、とかJ-POP好きにはこれ、プログレ好きにはこの曲、ヘビメタ好きのこの曲、とかで選曲。とっかかりがよく、演奏しているオーケストラも指揮者も的を得ている。私のようなチンプンカンプンな奥様にも、クラシックに覚えのある返り咲きたい人にもオススメの一枚。てか二枚。)


父の教えが佳境になるにつれ、曲もどんどん派手になっていた。

自分の講義とクレッシェンド、フォルテシモのせめぎ合い。

とうとうシベリウス陶酔の「フィンランディア」大団円のところ。


「ホルンはーっ」
「調号をーーっ」
「昔っから慣習的にぃぃっ」



「シベリウスゥッ!!!うっせーーーっよっっ!!!」






切れた。





明日も休日だ。また午後のひとときを静かにすごそう。





(続きを話すと、ホルンは慣習的に調号を書かない楽器で、臨時記号を用いる。さっき本棚から適当に持ってきたロシアの作曲家リムスキー・コルサコフ<シェヘラザード>のフルスコアを見るに調号はありませなんだ。しかし現在の現場では調号を書いたりする。とのことでした。)


20:06 日常 comments(0)
年頭に寄せての。
正月だ。東京に来て何度目かの。

最近は元旦にまとめて葉書が届くということが、前よりは緩和されてきたように思う。
緩和とは、出す方がというより受け取る側との間に入っている機関の問題なのかもしれない。

以前は元旦にごっそり葉書が届き、次の日は配達も新聞さえもお休みだった。
郵便局も新聞社も「燃え尽きたぜ・・・ジョー」という感じがした。

しかし例の郵政民営化後、配達は日に2回、正月に至っては日曜も2度配達されていた。
それが毎日ダラダラ一週間は続いた。良くなったことも緩和なら、緩く薄じょっぱく締まりが悪くなることも緩和というのだろうか。

集中力で太く短くがいいか、それとも万全を期して細く長ーくがいいのか。今後に期待。


さて年賀状と言えば、結婚や引っ越しをしたときに出すご挨拶。
ちょうど正月が重なればそれに乗じて書いてしまえば一石二鳥でスマートだと思うが、十数年前の私たちの時のことを思い出してみると、結婚式が6月だったんで別枠でご挨拶葉書として出したのだった。たしか秋口に。

こういうときお決まりと言えば、写真葉書だ。
結婚式の写真はそのときご厚意でファイル数冊分にもなる写真を撮って下さったうちのひとの友人がいて、多すぎて選ぶのが大変だーなんてうれしい悲鳴をあげていた。

そして我ながらのベストショットの一葉も決まりかけていたころ。熊本の義母から電話。

「あーキミしゃん。葉書はもう作ったけん。すぐそっちに送るけんね。」



・・・ガーン。

続きを読む >>
01:31 ひげのつれづれ comments(0)
気になる続き。
奥さんAがその後どうしたか、気になる人もいるでしょうから書きます。


実はこっそりブリーダー道を極めた奥さん、後に来た昆虫大ブームにより御殿を建てた・・・


ワケが無い。


私思うに、あのときとりあえずつくじって埋めて見たものの、「まだ成虫にならないのよ〜」とかなんとかいまだに言ってるかも、な奥さんAであった。

「やっぱり土の中にも7年?ウヒャヒャヒャ」←それはセミ。

もうすっかり土に還っている頃ですな。




さて、昨夜息子のタケにある質問をした。そのときの会話。


「ねーねータケちゃん。こそあど言葉って知っとる?」

「知っとるー。こんな、そんな、あんな、どんな?」

「そーそー。じゃあさー。それ熊本弁にしてみてー」


「うん。こぎゃん、そぎゃん、あぎゃん、どぎゃん。」


「ハイ。せいかーい。プリン食べていいよー」

「ワーイ」



息子バイリンガル化、カンッペキ。





おんな便所【みんなの熊本弁・こそあど言葉/用例】
「こぎゃんすっとよかとー?」
「そぎゃんすっとよかよー。」
「あぎゃんすっとかねー?」
「どぎゃんすっとねーもーっ!!(怒)」





19:55 熊本弁 comments(4)
「重箱の隅をチョップスティックでほじくる」
まだ東京に住み始めて間もない頃、近所の奥さん達と話していたときのこと。

奥さんA「カブトムシの幼虫もらっちゃってさ〜」
ワタシ「え〜?カブトムシじゃなくて、幼虫なんだ〜マジィ〜〜??」

テラスハウス前の駐車場で昼下がりのユルイ会話だ。

ワタ「どうすんの〜それ?」
奥A「え〜〜・・どーって・・。どうしよ〜ぉ・・・。」

カブトムシ。成虫ならまだしも・・。幼虫じゃあなぁ。

くれた人は金の卵をあげたつもりだろうが、もらった方、それもただでさえやんちゃ盛りの男の子の母親なんかやってると、虫にまつわる苦労話は多いのだ。(両手でわしづかみにしている、ひろって玄関で放し飼いしている、食っていた、等々)

だから十歩退いてカブトムシ、成虫だったら遊び相手にもなろうもんだが、幼虫じゃあ、役にもたたない。あの青白いウネウネした幼虫を大歓迎するお母さんなんて、お受験で子どもの知識と経験を増やすために寝る間も惜しんで、ブリーダーのようになっているお母さんくらいなもんだろう。お受験が終われば、ブリーダー人生も終了だったりして。

A「あ〜あ〜・・ツガイだったら増やせもするけど〜」

心にもない発言だ。しかしそうも思いたくなるか。


ワ「いっそ、そこいらの植え込みに、つくじって埋めとけば〜??」

ケラケラケラ〜・・・・




って、あれ?



「・・・・・・・・・・・」



なに、この間。

レスがない。



ワタシ「つ、つくじって、さ。ウメトケバ??」


奥さん仲間とはいえ、まだ知り合ってそう長くはない。だとすれば、なにか気付かぬうちにエライことを言ってしまったに違いない。な。な。ななんて言った?私、なんか言った?もしかしてブリーダー志望だった??


「・・・・ごめん。」

「・・・え?(向こうからゴメンだと?)」



「つ・・・つくじるってなに。」




ええ〜〜〜っい!!つくじるってのはなぁ!!
ほじくるってことなんだよ!ほじくるって標準語なんだって?ルー語辞典にのってたからさーっ!(本日のタイトル)


ほじくる(標準語)とつくじる(認めないが、方言)の暗くて深い淵っていったいどこなのよ!!


つくじる。


23:56 熊本弁 comments(4)
やはり。
やまバージョン。

やはり存在した。
「海でやろう。」ポスターの対なすものがきっとあるであろう、と薄々思っていたら。

ウレシイ。

この手の話題は大好きだ。そしてこれを見つけてきたのは「恥ずかしくて写メは出来んかった。」と言いながらではあるが、息子だった。

それに、登場人物Bの女性がなんとなく友人Kちゃんに似ているのも大いに気になるところなのだ。

その友人Kちゃん、近々新居にお引っ越し。
今頃は引っ越し準備に余念がないだろうと久しぶりにメールしてみた。

案の定、ものすごく忙しそう。でも。ものすごいエネルギーを感じた。


引っ越しか〜・・・。
私も3年半ほど前ここに引っ越してきたときは、それはものすごい馬鹿力を発揮したもんだったなぁ。

女はなんでああいうとき、あんなものすごい力がでるのだろうか。

タンスを担ぐとかそういうことではないが、タンスを担ぐ以外のすべてのことをやってのける。

一分たりとも休まず連日働き続け、未だ注文したベッドすら届いていない寝室では、野営の如く寝ることも厭わない。そしてまた朝が来たらひたすら夜まで働き続ける。

半月はそういう日々を送っただろうか。

最後の段ボールを潰した頃には、なんだかツキモノが取れたように、自分の中身がすっかりさっぱり浄化されていることに気付く。


ものを捨てた。とにかく捨てた。トラック1台分。いや、それ以上。
旧居で淀み溜まった何かがあったとすれば、それをぜぇんぶ、棄てた。

新居に来てからも棄てた。まだまだ淀みは箱の中に持ってきてしまっていたから。

荷造りするときに、多少なりともまだあった情もなにもかも、すべて棄てた。

棄てて、すべてが新しく生まれ変われるように。


正念場の引っ越しは何度も経験するものではないと思う。
でもこれが正念場の引っ越しなるものを迎えたときは、容赦なく物を整理したらいいと思う。

現在の自分に最低限必要なものだけをよく考えて吟味し、持って行けばいいのだから。
それで事足りるのだから。


新居に移る。それは、さながらバックパックで旅をすることと似ているのかも。




・・・でもだからといって、地下鉄での移動はこのときばかりは避けた方がいいのでした。
(ここで上図ポスターネタに戻るワケね。)


09:10 ひげのつれづれ comments(3)
たけのこ Webノート。
ファミリー

2年の沈黙をやぶり・・・。(過去、新たけのこブログなるものをやってましたが現在永遠に休止中)

一人旅麺太郎が再出発・・・もとい、息子タケのブログが再出発いたしました。

自作の絵文字やイラストがウリ、現役中坊の日々日常のつれづれをだそうです・・・。
みなさま、なにとぞお暇のスキにお立ち寄り下さいマセ。

そしてぜひ成長の糧となりますあたたかーいコメント、よろしくお願い申し上げます。
 
                          母、higeより
16:15 タケ語録 comments(0)
当日券。



先日、うちのひとが当日券で観てきた、という「ブラスト2MIX」を現役吹奏楽部トランペッタータケと観てきました。

当日券で。

意外といるもんだー。当日券で入る人って。中には、席が気に入らないからイイワなんてパスする人もいたりで、気楽な気分。で、並ぶこと30分。

指定された席は2階の後ろの隅っこで、前にも横にも人がおらず、これまたいたって気楽なマイスペース。タケもご満悦。

しかし、だからと言って会場はガラガラというわけではなく、満員御礼。開催期間もそろそろ終了、というのにすんごい人気。

やっぱ、楽器は鳴らしてなんぼ!
うちのひとがよく言いますが、なるほど、ラッパもサックスもフルートにクラだって。鳴らしてなんぼ!ドラムは打ってなんぼ!血肉湧き踊ってなんぼ!なのでありました。ひゃっほ〜!!


人気、といえばさいたま芸術劇場でオリンピック期間中めがけて上演されていた舞台「音楽劇・ガラスの仮面」は昨日(8/24)さいたま公演千秋楽、連日のスタンディングオベーションで上演は大成功だったとのことです。今後は大阪、北九州の公演があります。北島マヤちゃんのウルッとくる健気な熱演、蜷川作品にドンピシャなルックス舞姫系・姫川亜弓、そしてリアル月影先生がガラかめワールドを完全実像化させてくれますよ〜!音楽はうちのひとがやってまーす。お近くの方、そうでない方も、ぜ〜ひ!

彩の国さいたま芸術劇場HP>>


写真は帰りの地下鉄の構内にて、駆け込み乗車ダメよポスター。
ん〜〜。と〜ってもユルくていいかんじ。地下に潜ってるだけあって、地下鉄系ポスターは秀逸なもの多し。
10:17 日常 comments(0)
<< 3/17PAGES >>